博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
10ヶ月
2006-10-31 Tue 19:47
今日で今年一年が始まり丸々10ヶ月が経ちます。
時間の経過というものはすごい早いもので、特に大学生に
なってから今まで本当にあっという間だったと思います。

それだけ年取ったということなのか、充実しているという
ことなのか分かりませんが・・・

で、私はこの10ヶ月一体何をやってきて、会得したのか?
また、どれくらい一年の目標をクリアできたのか?

ということを自然に考えていたわけですが一体何も変わってない
ような気がするのです。
特に学校生活というか研究の進度がいまいちなんです。

残りの2ヶ月はしっかり地に足をつけてデータを積み上げて
いかないと!!


では、学校関係以外ではどうだったのか??
一番変わったことは結婚が決まったということ。
それに伴って色んな仕事が舞い降りて毎週末はそれに追われて
ゆっくり休めないのがちょっとしんどい感じ。
でも、そんなに苦ではないけど体的にしんどい・・・
ダイエットが大きく影響しているのだと思いますが。

で、ダイエットははじめて確かもう1ヶ月半ぐらいかな?
一応、目標体重までは落としたのですがさらにそこから2キロ
減らすことに決めました。

結果、ベルトの穴もジーパンのサイズもかなり落ちました。
先日ジーパンを買いに行ったのですがこれは無理だろうと
思ったサイズがジャストフィットだったのでビックリ!!


とにもかくにも、残りの2ヶ月頑張りまーす!!
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
やりましたね!!
2006-10-27 Fri 00:21
日本ハムが日本一になりましたね!!
なんと44年ぶりだそうです。
しかも、日ハムとなってからは初日本一だそうです。

明日は札幌のデパートではハムが配られるみたいなんで
北海道に行って来ます!!

っていうのもちろん冗談です(涙)

この季節に北海道は良いんじゃないでしょうか?
まだちょっと早い感じなんですかね?。
学会の会場が北海道とかだったら非常に嬉しいのですが
私は一度も会場が北海道の学会に当たってません。
しかも、神戸在住なのに2年連続神戸だったりで・・・
今年は京都だったし・・・

まぁ、そんなことは置いておいて。

日ハムの優勝の原動力ってなんだったんでしょう?
ただ、チームとして優勝する力を持ってたのか?新庄効果があったのか?
それは私には分かりませんが日本一が決まってみんなが真っ先に
新庄を胴上げしたとこを見ると新庄効果があったのかなぁと思います。
みんな新庄の花道を飾る為にみんながそれぞれ自分のできる最大の
努力をしたんだと思います。

最後にラボもそういう気持ち、みんなが1つになって目的にむかって
仕事をしていけばよいラボになるなぁと思います。

しかし、絶対にそんなラボはありません。

でも、そんなラボの一員になってみたいものです。
別窓 | 自分のこと | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
最近の自分
2006-10-24 Tue 19:51
ちょっと記事を書くのをサボってました。
ラボでいざこざがあって以来記事を書く気力が
沸かずに今日まできました。

と、いうより私は今ラボでは無関心・他人に期待しない・
無感情になることに徹しているためネタを提供してくれていても
それに気付かないわけであります。
そのおかげで実験に集中できて良い感じです。

それに、今はかなりいろいろとやらなきゃいけないこと
考えなきゃいけないことがあるので他人に構う余裕もなく
自分で手がいっぱいなのであります。

というわけで、自分の周りのこと・自分のことはうまく
回転していってるということで問題なしです。

別窓 | 自分のこと | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
ラボの雰囲気
2006-10-19 Thu 20:24
ここ数日私のせいなのか誰のせいなのか、少なくとも私が
関係しているのは間違いないのですが私の居る部屋の
雰囲気がよくありません。

だから?なんなのさ?って話なんですけど、続けます。

ラボの雰囲気って研究していく上では非常に重要な
ファクターであるのには間違いないと思います。

では、明るい雰囲気であればそれで良いのか?
私の答えは No です。
明るい雰囲気の方が良いわけですが、その明るい雰囲気の
中にOnとOffの二つが共存する空気であれば言うことなし
なのです。
要するにメリハリのある・厳しさと優しさがある、こういう
雰囲気を私は望むのですが、理想とかなりの隔たりがある
というのが事実です。

まぁ、そういう環境ってどこのラボを探してもないのだろうなぁ
と思います。それなら、私はいっそうのこと非常に殺伐とした
環境で実験するのを望みます。

別窓 | 研究 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
先輩・後輩の関係
2006-10-18 Wed 12:56
今日は人間関係について書きたいと思います。
と、いっても人間関係を簡潔に文章で現す自信がないです

まずは登場人物の紹介。

一人目 Aさん(先輩)
二人目 私
三人目 B君(後輩)

この3人だけです。

B君が大学院に入学してから半年以上が経過して、B君の人間性が
少し分かってきました。B君は若干人間が未熟なようで、
注意されてもすみませんの一言も言えないし、先輩が一生懸命
掃除していてもその横で談笑できるような人間です。

B君の日頃の行動であまりにも目に余るようなことがあれば私は
優しく笑いながら『それ、あんまりしないほうがいいよ』と
アドバイスするような感じで接してきました。
あまりにも酷い場合は私が直接B君に言うわけではなく
直属の先輩であるAさんを通して言ってもらってました。

しかし、そのAさんはB君にはっきりと厳しく言ってないよう
なのです。なぜに??
Aさん曰く、『いくらB君が悪くても僕はB君をかばう』

B君を守ってあげるのはいいですけど善悪の判断、駄目なことは
駄目と言い聞かせる必要はあるのではないでしょうか?

それに対して私はストレスを感じていたらAさんは私に
こう言いました。

『本人に直接言ってもらって良いから
 僕はB君がどれだけ悪くても守るから』

これは私に対する宣戦布告と私はそう感じました。
注意できるものならしてみろ!って感じですよね。

そういう状況で私がB君を注意したらどうなると思います?
もちろん、私ひとりが悪者になるのです。
B君からしてみればうるさい先輩がいるなぁっていう程度
になってしまうのです。

大げさにいうとこういうことなんです。
『先輩という立場を利用して私の価値を下げようとしている』

いわゆる パワハラ ってやつですね。

だって、そうでしょ?
もしAさんとB君が同じ学年だったらそうはなりませんよね?
Aさんが私より先輩だからこそ成立する話ですよね?

私より先輩のAさんが自分の味方をしてくれているとB君が思うと
私の存在はB君にとってうっとしい奴・口うるさい奴になって
しまいます。

私の考え方がおかしいのでしょうか?
これってパワハラじゃないですか?

正しいことが上からの圧力でもみ消され、善者が悪者に変えられる。

もうこんなラボには居たくない。

来年の4月にはこのラボを出るために作戦を練っていかねば。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
キャニオニング
2006-10-16 Mon 20:01
週末はキャニオニングっていう遊び?をしてきました。
奈良県の大峰山系のひとつである何とか山(忘れてしまった)で
キャニオニングを初体験してきました。

現地に9時50分に集合だったため、神戸を6時半に出発する
ことに・・・

が、しかし前日は4時まで起きていた?というより泊まりに来てた
友達に寝させてもらえず。ほとんど睡眠時間がない状態で運転して
いきました。

当然、現地に着いたときはすでにグロッキー状態に(涙)

で、キャニオニングって一体何なのか?
私も詳しい定義が分からないので体験した内容を書きます。

まず、ウェットスーツに着替え川の上流に向かってひたすら
歩いていきます。
その間歩けないところは水の中を進み、中には背丈以上に深い
ところもありました。

大体1時間半くらいかけて上って行きみんなで昼ごはん休憩の
30分をはさみ、さらに上流に向かって岩を登ったりして
進んでいきました。

で、楽しいのここから!
後は自分の身一つで上流からひたすらザァ?っと流れていくのです。
途中で自然に出来上がった岩の滑り台がありそこから普通にお尻で
滑ったり、ヘッドスライディングしたりもしました。

感想ですが、とにかく楽しかったの一言!
ただ、時期が時期だけにめちゃくちゃ寒かった!!
それだけが残念でした。

帰りは温泉に入ってご飯食べて神戸に帰りました。

そして、悲しいのがそこからラボに行って今日の実験の準備を
してから帰宅しました。

ハードな1日でしたが楽しかったです。

興味のある方は是非来年試してみてください。
別窓 | 自分のこと | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
何を今さら・・・
2006-10-14 Sat 01:28
今日、実験しているときに後輩と話す時間が少しありました。
そのときに感じたことを書きます。

実験をしていくにはいろいろな実験手法、薬品、機械などを
使わないといけないのですが、それぞれ何の目的で使うのか?を
知っておかないといけないと私は思います。
また、機械に関しては完璧ではなくても必要な部分はしっかりと
仕組みを理解しておかないといけないと思います。
おそらくどの人もそう考えているど思います。

しかし、私と話をした後輩は基本的な機械の仕組みも理解せず
実験を行ってた為目の前で起きているトラブルを解消することが
できなかったのです。
もし、分かっていたらきっと対処できたはずです。

そう考えるとそういう人が出したデータはちょっと信頼にかけるなぁ
と感じました。しかし、その事実を知っているのは私だけなんで
大きな問題には発展しないと思いますが、大問題だと思います。

博士課程の2年生・3年生になっても機械の仕組みなど知ろうとも
しないで実験してる人がいるんだから修士課程の学生なら仕方ない
ことなんかぁと・・・

しっかりしろよ!!ホントに!もうっ!

ふぅ?っ・・・
別窓 | 研究 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
今日の1日!
2006-10-13 Fri 00:04
今日は朝から猛烈に大変でした。

今まで実験に使う道具やら何やらを物置部屋みたいなところに
詰め込んでたのですが、10月中に明け渡さないといけなくなり
そこにあったものをすべて実験室内に収める作業があったのです。

物置部屋にあったもので一番厄介だったのが80年代後半から
今まで買い続けている雑誌です。
Nature, Science, Cell, EMBO, PNAS, TiBS, MCBなどなど
いろいろありすべてあわせると1トンはいくだろうってくらい
あったのです。それをみんなでせっせこせっせこと運びました。

私はこれもダイエットの一環だと考えしんどい作業を率先して
やりました。
ついでに、ラボ内の模様替えもあり結局作業が終ったのが5時前
くらいでした。

この間自分だけ実験をして作業に参加しない者、観察するだけで
手を動かさない者、先輩が頑張っている横で雑談して笑い声を
あげている後輩君達。
一体どういう神経をしているのかは分かりませんがもう少し気が
効いてもいいんじゃないのって思いました。

で、作業のご褒美が何と!ケーキ・・・(涙)
秘書さんが作業終了後私に『○○さん、ケーキたべてくださいね』

って、おい!!!ご褒美がケーキかい!
ダイエット中の私にケーキですか!私には試練でした。

そして、私が集会室でケーキを食べてないのを知ってか
わざわざ、ケーキを持って来てくれたのです。

完全に嫌がらせですよ!

仕方ないのでいつも出入りしている業者さんに食べてもらいました。

その試練に耐えたこともあり今日は前日比?1キログラムでした。

痩せて当たり前かな・・・

朝 グレープフルーツ・ヨーグルト
昼 はるさめスープ

計 300キロカロリー以下

これしか食べずに作業してたのですから!!

応援してくれる方ポチッとお願いします→人気blogランキング
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
なぜ太ってしまったのか!
2006-10-12 Thu 00:34
私は小学生の頃、病弱でガリガリで太るなんて縁のない
ことでした。しかし、扁桃腺を除去してからは健康体と
なったみたいで普通の体系でした。

中学校に入り、部活はラグビーをしてたせいか無敵に近いほどになり
どんなにからだに過酷なことをしても風邪を引くことはなくなりました。

きっと、この辺から私の体は太りやすい体質に変わっていったのだと
思います。
中学を卒業するあたりから体を動かさないと食べ過ぎた分がグッと
体重に反映するようになったのです。

高校を卒業してからはずっと同じ体系を維持していました。
しかし、タバコをやめて以来ごはんがおいしくて仕方なく
結構もりもりと食べていました。
今から思えばこれが肥満への道のりを歩むことになったのだと・・・

全盛期はBMI 25 を超えていました(恥)
そうなってくると自分の体を鏡でみたり、おなかを見ると
うんざりしてくるというか自分に対して嫌悪感を抱くように
なってくるのです。

その嫌悪感がダイエットの原動力になるのですが・・・

とにかく自分の食欲をコントロールしていかないと
もういい年なんだから体調に響いてきます。

自分に負けずにがんばっていきます!!

応援してくれる方ポチッとお願いします→人気blogランキング
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
今日で3週間経ったわけですが・・・
2006-10-10 Tue 23:49
ダイエットを始めてからもう3週間が経ちました。
今までしてきたダイエットの中で今回が一番精神的に
辛いダイエットとなりました(たぶん・・・)

というのは、今回はカロリー制限をしたからです。
今までは好き勝手食べて、とにかく体を動かしまくって
痩せるという方法をとっていたので食に対する欲求が
溜まらなかったのです。

開始から10日間くらいでガンガンと体重が落ちたので
これは危ないということで一度体重を少し戻し食生活を
改め再開することにしました。

変更したところは、同じくカロリー制限はするのですが
週に一度は食べたいものを食べる!
お菓子が食べたくなったら食べる!この2点です。

スナック菓子、ラーメン、BBQ、バイキング、ファミレスメニュー
とカロリーを気にせず何度か食事しました。

で、その3週間の成果は・・・・

      ?6.5キログラム!!

BMIは 23.3 と完全に普通?体系に戻ったような気がします。

一番の驚きはおなか周りですかね、かなりお肉が取れました。
3週間本当に毎日6キロぐらい走ったからかな。

次の目標はBMI 22.0 を目指してがんばります!!

応援してくれる方ポチッとお願いします→人気blogランキング
別窓 | 自分のこと | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
このブログに何を求めるのか!?
2006-10-05 Thu 19:10
大げさなタイトルですがなんてことないです。
先月の検索ワードはどんなんかなぁ?っていう感じです。

1番多かった検索語! 『コロニーダイレクトPCR』これはちょっぴり嬉しい結果となりました。
実は私のブログは自然科学にカテゴライズしているのです。
しかし、このブログの中身はというと・・・なわけです。
実験関係のことを目的としてこのブログを訪れてくれたのは
嬉しかったですよ!

次に多かったのはこれは意外や意外!『うそをつく心理』
ある時期、人はなぜ嘘をつくのかと真剣考えた時期があります。
嘘をつく人って、そんなことどうでもいいよっていうようなことを
嘘ついたりしてます。理由は人それぞれだと思うのですが嘘を
ついているそこのあなた!バレてますよ。
こっちは分かっていてうんうんと言ってるんですから。
嘘ついてるのがバレてること気付いてください!虚しいだけですよ。

あとは、『そうめんのだし』ってのもありましたね。以前にレシピを
のっけたことがあるからかなぁ。
『おじいさんイジメ』って、何でこのブログが引っかかるのさ!
あっ『しがない助手』っていうのもかかってますね。shiniさん
からよくこめんと頂いてるからですかね。
暗い話題では『アジ化ナトリウム、助手、自殺』とか『論文、捏造』
とかいろいろでした。
これは変だなぁっていうのがあまりなくて面白くなかったです。

では、また来月です。
別窓 | 自分のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
エンゲージリング
2006-10-04 Wed 20:29
私の結婚が正式に決まったのがつい最近で、しかも慌てて準備を
しないといけない状態だったのでエンゲージリングを買うのが
かなり遅くなっちゃいました。
普通は結婚式の半年前には贈るのが普通なんですって・・・

エンゲージリングは給料3カ月分と宝石会社の戦略でそういう風に
思っていたのですが、いろいろ調べると全然そんなことがない!
ということが分かりました。

自分の時給を計算したのですが、私は奨学金を借りている身なので
私の時給は大体?500円みたいです。
ですから、それで3か月分を計算すると私が彼女から何かを貰うという
ことになっちゃいます

それはもちろん冗談なわけですが、指輪が先週の土曜日に
出来上がったので二人で貰いに行きました。
婚約指輪に対する考えかたは色々あると思うのですが私は
やはりプレゼントしたいので自分のできる範囲で頑張りました。
で、こんな出来上がりに・・・

ring


で、ついでにという表現はおかしいのですが、未だしてなった
プロポーズらしきものをして指輪をプレゼントしました。
彼女の喜ぶ顔を見たら心底良かったと思えました。

今日はなんだかのろけ話になっちゃいましたm(_ _)m
別窓 | 自分のこと | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
ノベール賞
2006-10-03 Tue 17:30
ノーベル医学生理学賞が発表されましたね。
ってちょっと話題が遅いですかね・・・。

どんな発見でノベール賞を受賞したのかというと
『RNA干渉』です。
この現象は8年前にはじめて発表されたもので、現在ではとても
画期的な実験手法の一つになっています。

どういうものか、簡単に説明する長さの短い2重鎖のRNAが
対応するタンパク質の発現(体内でタンパク質をつくること)を
妨げるという画期的な大発見なのです。

この発見がどういうことに対して利用できるのか?
例えば体内であるタンパク質が過剰に生産されそれによって
病が引き起こされるとする。
こういう場合にあるタンパク質に対応する2重鎖のRNAを
体内にれてやると、あるタンパク質の生産を顕著に抑制する。

こういう感じで医療への応用が期待されています。

実際に論文でよく目にするようになったのは3年間くらいからの
ような気がします。当時はこの実験系を入れているだけで論文の
質が上がったわけですが、現在では何でRNA干渉やってないの?
なんて聞かれたりします。さらに、論文の質も下がってしまいます。

発見からわずか8年でこれほど普及し、研究において大きく幅を
広げられるようになったので、ノーベル賞に値する発見だなぁと
思いました。

いろいろと思うことはありますが・・・
ん?、私もがんばります。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。