博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あの・・・ラボが大変なんです。
2007-06-29 Fri 15:38
今日、朝の9時ごろに到着しました。
珍しく!?ドアが開いていたので誰か来てるみたい。
こんな時間に来るメンバーはいないのですが今日は居ました。

まぁ、朝はゆっくり来て夜遅くまでがんばるっていうスタンスの人も
いますからね、そんなに変な光景ではないかもしれません。

ラボのメンバーは私を含めて9人なのですが11時になっても
全員で4人しか来ていません。お昼には朝一番に来ていた人が
帰って行きました。
15時になってようやくほとんどのメンバーが顔を出し5人に。
あとの人たちはいったいなにやってんでしょうか・・・
めったに見ない人もいます。

所変わればですがこんなにゆったり構えてていいのでしょうか?
あんたたち学位論文書く気あるの??と思います。

教授も学生と話したいみたいで何度もその人の席に行っては
居ないことを確認しため息をついて帰ります。
コレが1日だけじゃなく今日で4日連続それをしています。

ため息つくくらいなら注意するか電話しなさいよ!
あんた教授でしょ!!と言いたくなります。

で、夕方の18時過ぎにラボに残っていたのは3人だけ。

もうちょっとちゃんとやろうよっ!!

以上、こころの叫びでした。
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
疎外感
2007-06-28 Thu 15:51
新しいラボに来て3週間が経ちました。
初めの1週間はそこそこ疎外感を感じていました。
基本、放置プレーでした。誰もかまいません。
そりゃそうです、ここはアメリカです。
私が何をしようとしているか、何を必要としているのか言わなければ
わかりません。もちろん、知ろうという努力はしません。

私はどちらかというと放置してもらってた方が良いというか
できるだけ自分でやりたいので・・・。

基本的に誰も私に話しかけたりしません。
あるメンバーの一人は朝の挨拶をしても、無視・無視・無視の毎日
こちらを不機嫌そうな顔でギッと顔を向ける程度。
話しかけるんじゃねぇよ!!ぐらいの勢いでした。
正直、最初の1週間はつまんなかたです。楽しくなかった。
やることも特にないし、早く家に帰りたいと思っていました。

しかし、そんなことに屈してはなるまいと相手が挨拶を返して
くるまで毎日1回は挨拶しようと決め毎日することに。
その他の人達はだんだんと話かけてくれたり他愛もない話をする
ようにはなりちょっと楽にはなったのを覚えています。

先週ぐらいからそのある人は私の挨拶に返してくれるようになった
のです。何が原因かわかりません。スーパーでばったり会ったとき
向こうから話しかけてきたぐらい変貌した。
何が変わったのか?私の何がいけなかったのか?
今でも良く分かりません。

そのある人は今日、私に笑顔で私と同時に『おはよう』と
言ってくれたのです。正直、嬉しかった。

今では朝玄関を出るときの一歩は軽くなりました。
疎外感も感じずラボで生活できるようになりました。

自分が『よそもの』であることも気にしすぎていたのかも知れません。


別窓 | 自分のこと | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
日米融合
2007-06-27 Wed 15:08
この記事で『自分のこと』にカテゴライズされた記事数がちょうど
100になりました。まさか、こんなに長く続けていけるとは思って
ませんでした。私のどうでも良い日記を読んでくださる方が
いらっしゃるおかげです。ありがとうございます。

で、今日のタイトルは日米融合。
所変わればで、実験の手順や実験に用いる試薬の量など変わったりします。
『あ?、そんなやり方もあるんだぁ。なるほど・・・』と思ったりもします。

今日、やってた実験ではこちらのラボでのやり方では200分かかります。
しかし、私が神戸に居るときからやっていた方法では40分でできます。
彼らからすれば、魔法のような方法なのかもしれません。
しかし、従来の方法でやったのですが、結果は失敗でした。

『ほれ、言わんこっちゃない。こっちの方法を教えてやるから』

と、言われて渋々教えてもらいましたが、どうも納得できない。
絶対できるはずだ!と思い込み実験に使った試薬も自分で調整
しなおし再度挑戦!!次は見事に成功し、あっと言わせることに成功。

そこで、それを聞いたラボの人が発した言葉。

『40分でできるのか!!Sweet!!』

ん??Sweet??私の聞き間違いなのでしょうか??
日本語でいう『熱い!、萌え?』とかなんでしょうか?
その人独自の言い回しなのでしょうか?
どなたかわかる人教えてください。

それはさておきこのように頻繁にラボの中でお互い発券があり
日米の融合がなされています。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
Gas Works Park
2007-06-26 Tue 15:04
先週末に天気が良かったのでGas Works Parkというところに
行って来ました。

そこは昔ガスの製造所だったらしく製造に用いられたと思われる
建物がそのまま残されておりその周りが公園として開放されている
ようです。
gasworks1.jpg

この建物の周りはすべて芝生で覆われておりピクニックを楽しむ
人たちがたくさんいます。
そして、立地条件がすばらしくユニオン湖に面しており飛行機が
湖面から飛び立つ様子や湖面に着水する様子が見れます。
日本ではめったに見れない風景でとても新鮮でした。
gasworks_view.jpg

そこには低い丘があり、その上からダウンタウンを見渡すことができ
シアトルのランドマークであるスペースニードルも見えます。
gasworks_space.jpg

丘の頂上の付近で家でつくったサンドウィッチを食べてのんびり
すごしました。
ラボの人から公園に行くんならコレを持っていけと手渡された
フリスビーで軽く遊んでかなり贅沢な時を過ごせました。

別窓 | 自分のこと | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
主婦
2007-06-21 Thu 14:50
私がアメリカに留学することになって奥さんと一緒に来たわけですが
こちらで働くわけでもなく、外に出て何をするわけでもなく家で私の
帰りを待っているだけでした。

そんな環境では申し訳ないし、面白くないし、退屈だしということで
働くためには申請が必要なのでボランティアを探してみようと
探してみたら意外といろんなものがあり、そこからできなそうものを
選んで決めました。

ある日本の団体にボランティアとしてお手伝いすることになったわけで
今日、さっそくダウンタウンにある事務所に向かい手伝いに行きました。

で、何をしたかというと・・・

何故か映画の宣伝か何かでシアトルに来ていた日本の芸能人と
ツーショットで記念撮影をしてもらったみたいで・・・(実はうらやましかったりする)

本人曰く、ものすごく暇だったそうです。
しかも、給料貰っている人たちが用事あるからって先に
帰っちゃったりするんですって!!

こんなんじゃ、外に出てる意味があるのかなぁ?
ちゃんと楽しめているのかなぁと不安になりました。
別窓 | 自分のこと | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
シアトル発
2007-06-21 Thu 14:42
意外と知られていない!?シアトル発なこと。

ただ単に自分が無知なだけかもしれませんが、
シアトル発のものでなじみが深いものの紹介をしたい思います。

これはそこそこ有名だと思うのですが、スターバックス・コーヒーは
シアトル発なんです。こちらでは大型のスタバがあってドライブスルー
なんてものもあります。
1号店が海沿いの商店が立ち並んでいるところにあります。

次にみなさんも1つはこの会社の製品を使っていることでしょう。
マイクロソフト社、マイクロソフトがシアトルの近くのレドモンド
というところにすごい敷地で本社を構えています。

次はみなさんが一度はのったことのある乗り物を作っている会社。
ボーイング社です。昔、ボーイングはシアトルに本社があった
そうなんですが、今はシカゴに移転してしまったそうです。
ですが、工場などは今でも現存しています。

次はインターネットで本とかPCとかゲームとかいろんなものを
扱っているアマゾン、これもシアトル発です。

こんな風に日本のなかにも浸透している会社がシアトル発だったり
したんです。はっきり言ってすべては知りませんでした・・・。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
Daily Special
2007-06-20 Wed 15:19
こっちの大学に通い始めてからまだ食堂で昼食を食べたことが
なかったので、今日は食堂で昼ごはんを食べました。

食堂の前は何度も通ったことがあるのですが、外からだと中が
良く見えず何を売っているのかも知りませんでした。
システムが良く分からずもたもたするのがイヤなんでこういう
ところに行くときはいつもしりごみしちゃいます。

おそるおそる中に入ると昼食どきを少しはずれていたので
あまり人はいませんでした。
すぐ目の前のカウンターにDaily specialというメニューがあったので
それを食べることにしました。
いわゆる、日替わり定食みたいなやつです。
それとSサイズのスプライト。もちろん、Sでも小さくないです。

さっさと昼食を済ませ、今日は久しぶりに天気が良かったので
外でジュースを飲みながら休憩しました。
食堂の外はこんな感じです。
2

こちらも湖に面していてとてものどかです。
で、写真の向こうの方家っぽいのが並んでいるのですが
それはボートハウスなんです。こちら↓
1

昔はもっとたくさんあった見たいなんですが、今では激減していて
たしか、4?500くらいだとか。
ある話によればボートハウス持つことはステータスらしい。

ボートハウスに住む人ってどんなひとなんだろう?
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
タコス
2007-06-19 Tue 15:20
最近はずっと日本食ばかり食べてたもんで、
アメリカに居るんだったらどうせアメリカっぽいものを食べよう
ってことでタコスを作ることになりました。

作るといっても大して手間がかかるわけではありません。
タコシェルというのかトルティーヤというのかは知りませんが
まわりの皮みたいなやつはスーパーに行けばビックリするほどの
種類が置いてあってお手ごろ価格で買えます。

前の日に餃子を作って残ったミンチをオリーブ油とニンニクで炒め
そこに皮をむいて細かく切ったトマトを入れる。
水気がなくなるまで炒めまくる。
あとはお好みでレタス・玉ねぎ・チーズなどを入れてできあがり。
中に入れる肉はなんでも良いような気がします。

で、出来上がったのはこれです。
tacos


これが簡単なくせにかなりおいしいのです。
中に色々入れすぎて食べにくくなってしまったのが残念でした。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
Lake Washingtonと太平洋
2007-06-17 Sun 15:57
今日はやっと自分達の為に使える時間が取れたので朝から
近くの公園やら湖やらに行って来ました。

これは大学の近くの湖の様子です。
lake union

大学の周りは湖に囲まれていたり緑が多くてのんびりしていて
昼食を湖のほとりでなんてこともできます。
写真中段の左側に見えるのがハスキースタジアムといって大学の
アメフトをするための競技場です。
もしかしたら、ボブ・サップもここで試合をしたのかも。

次に公園を出、ふらふら?っと立ち寄ったのがファーマーズマーケット
いろんな個人商店がならびいろんなものを売っています。
ケーキ・クッキー・チェリー・カキ・花・野菜などなど
farmers


で、次に向かったのはHiram M. Chittenden Locksというところ。
ここは非常に興味深いところでした。
ワシントン湖と太平洋はつながっています。
しかし、何故か湖と太平洋との間にものすごい段差があり
船での交通が困難であるため水門と水圧を利用し水面の調節を
しているところなんです。
locks

左の写真が水面が下がっている状態で、右が水面調節を終えた状態。

すごいたくさんの観光客で賑わっており日本人の方も
数名いらっしゃいました。

ちょうど、今の時期はシアトル観光に向いている時期なので
できるだけ暇を見つけていろんなものを観にいきたいなぁと
思いました。

別窓 | 自分のこと | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
肛門惑星科学
2007-06-15 Fri 15:12
目新しいことも少なくなり、ネタが尽きてきたこの頃です。

今日は肛門惑星科学というタイトルで書きたいと思います。
これはタイプミスでもなく、まぎれもなく肛門惑星科学
とうタイトルです。
汚い話ではないので最後までお付き合いください。
ただの間抜けなお話です。

同じ研究室の同じ学年の学生(男)が居て、彼が食事に
誘ってくれました。お昼ごはんは毎日持っていってるのですが
はっきり言って研究室の人とはあまり仲良くないので、チャンスと
思い一緒に行くことになりました。

同学年ということもあり、いつも私のことをすごく気に
かけてくれていて優しいナイスガイなんです。

で、そろそろ本題に。

その彼が(私の)奥さんは一体何を専攻していたんだ?と
聞かれたんで『地球惑星科学だよ。』と答えました。

しかし、彼はものすごく不思議そうな顔&ビックリした顔で
こちらを見ています。
そりゃ、あんまり聞きなれない学問だし分かりづらいだろうなぁと
思っていました。

しかし『What?』と、聞かれたのでもう1度

『Earth planetary science』というと、『スペルは?』・・・。

『Oh!』

どうやら、彼の耳にはこう聞こえていたのです。

『Anus planetary science』

分かった瞬間、2人とも大爆笑!!(彼はお尻を指差しながら)

earth はこうだ!と発音の仕方をレッスンしてくれました。

アースの発音って日本語喋るときには絶対にしない声の出し方を
するんです。だから、きっと上手く発音できないんだと思います。

別窓 | 自分のこと | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
シアトルってこんなとこ
2007-06-13 Wed 15:06
今日はあまり知られていない(と思う)お話。

アメリカを初めて伝えた日本人はジョン万次郎である。
もちろん、これは誰もが知っていることでしょう。

しかし、ジョン万次郎よりも先にアメリカにたどりついた日本人が
いたのです。それは三吉と呼ばれる音吉・久吉・岩吉の3人です。

1800年代初頭、17人の乗船員を乗せた宝順丸は江戸に向けて
出航したが嵐に巻き込まれ1年以上も漂流した結果、シアトルに
着いたそうです。
そのとき、生存していたのが三吉の三人のみだったそうです。

途中いろんなことがあり、やっとの思いで日本(浦賀)にたどり着いた
彼らを待ち受けていたのは鎖国でした。
当然、彼らは日本人で入れてもらえないわけがない!
しかし、彼らは日本に帰れなかったのです。
そのとき歴史が動いたのです。日本が鎖国状態であることを伝え聞き
日本へ向かったのがそう、なんとペリーなんです。

現在もそうですが、孤立する国を放置することは危険なのでしょう。

そんなことがあり日本は開国へとなっていたわけです。
付録ですが、スターリングとの日英和親条約のときの通訳を
務めたのが音吉だそうです。

ペリーが日本にやって来たのがこんな理由だとは全然知りえなかった
です。いろんな文献がありいろんな情報がありますが、シアトルでの
三吉のお話はこんな感じです。

どうやら、音吉の息子さんは入国できたみたいです・・・。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
携帯電話事情
2007-06-12 Tue 14:48
日本に居たときは携帯を忘れたりすると、妙に心配になったり
何かたらないような気がしてました。
いわゆる、携帯依存症ですかね。

しかし、こちらに来てからは携帯とは無縁の生活にすっかり
慣れてはいたのですが、やはり不便だったりします。

よって、携帯を購入しようと1週間ほど前から思案しようやく
この週末に携帯を購入しました。
二の足を踏んでいたのには理由があります。
アメリカの携帯事情がまったく分からなかったのです。
所変わればで日本とは少し様子が違います。

まず、日本ほど携帯の技術が進んでいないこと。
たぶん、技術的には日本の3、4年前のものじゃないかと思います。
最新機種の売りは何か?それは100万画素のカメラを搭載!です。
日本では思い出すのは難しいくらい昔の話だと思います。

あと、やたらと年間契約させれること。その年間契約を破棄する
場合の違約金がやたら高いこと。携帯でインターネットをするのは
オプションであること。
この携帯でインターネットということに関しては相当遅れているなぁ
と感じます。それをしたければビックリするほどの料金が発生します。

で、結論が電話として必要性を感じているのだから日本ほどの
高性能なものを求めないで必要最低限のものにということで
プリペイド方式のものにしました。
年間契約も月々の基本料金も発生しないのでコレがベストだと・・・

そして、今日実際に電話で会話したのですが、通話品質がとてつも
なく悪い!10年前にPHSっかってぐらい悪い。

これだけ広けりゃアンテナ張り巡らせるも難しいかと思いました。

大きくなれば大雑把になるし誤差も大きくなる、コレがアメリカかな?
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
コロコロ
2007-06-10 Sun 12:06
コロコロがないんです!
結構、いろんなところで探すんですがないんです!コロコロが!

コロコロって、あの便利なやつなんですが。
正式な名前を知らないです。絨毯の上のごみをとる道具?というか
粘着テープが巻いてあってその粘着質を利用してゴミを取る道具。

いろんなところで探したはずなんですが、ペット用の小さなものは
あったのですが、大きくて長いのが欲しかったのです。

で、ここならあるだろうと行った店で見つけました。
感動のあまり少しテンションは高くなりました。
お箸、お茶碗、急須、スリッパなど日本特有のものが欲しかったので
そのついでに行った店、それはダイソー!!

百円均一で超有名なダイソーさんです。
シアトル近辺に何軒かあるみたいなんです。
日本のダイソーより少し規模が小さめですが、欲しいものは大抵
手に入りました。コロコロも。

そんなこんなんで今日は機嫌の良い私でした。
別窓 | 自分のこと | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
シアトルの気候
2007-06-07 Thu 10:07
今日はシアトルって?という題で書きたいと思います。

まず、シアトルはどの辺にあるかというと、アメリカの太平洋側に
面した北西部にあるワシントン州の中にある小さな街です。
北緯でいうと北緯47度くらいのところに位置する都市です。
北海道の最北端の街の稚内で45度なんで、北海道よりも北に
位置しています。

では、めちゃくちゃ寒いんじゃないの?と、思われる
かもしれませんが、全然そんなことありません。
イギリスと同じように暖流の影響でそんなに寒くはありません。
雪がふることもめったにないらしいです。
この時期だと暖かいと25度くらいにもなります。
しかし、夏場であっても海水浴はできないみたいです。
さらに、天気が悪いと最高気温が12度くらいになります。


また、高緯度であるが故に夏は太陽が出ている時間がとても
長いです。最近では、サマータイムを導入していることも手伝い
夜中の9時でも太陽の光があったりします。

日の入りが9時付近なんで、このせいで感覚はかなり変になります。
冬は逆で日没がとても速く夕方には真っ暗になってます。

シアトルってそんな感じのところです。

別窓 | 自分のこと | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
2007-06-05 Tue 14:27
人間は欲深い動物です。

住むところが決まり、車も手に入り普通に生活できるまでに
なりました。と、なったら次に何を思うか?

おいしいご飯が食べたい!!です。

と、いうことで今日はアメリカでの食生活について
すこし書きたいと思います。

幸運にもシアトルには宇和島屋さんというかなり大きな
日本食のスーパーがあります。
恐らく納豆やたくあんに関しては日本より品揃えが良いと思います。
たくあん・納豆は恐らく10種類以上置いてあると思います。
だいたい、日本での値段の2倍くらいの値段です。
しかし、お味噌汁だって飲みたいしソーメンだって食べたい。

そういうことで、週末に味噌・うどん・そーめん・そーめんのだしを
取る用の乾燥シイタケ・カレーのルー・亀●の柿の種などを買いました。

やはり、食生活が充実するとテンションが高くなりメンタル的には
健康になります。

肉わかめうどん・カレー・親子丼と最近の夕食はこんな感じで
日本にいるときとまったく同じ食生活があります。

次にきっと、せっかくアメリカに居るんだからアメリカ的な
料理を食べたいってことになるんでしょうね。


別窓 | 自分のこと | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
ライフラインの確保
2007-06-03 Sun 15:56
寝るための部屋は確保した。車も購入した。

しかし、寝る部屋があってもライフラインが通っていなければ
あんこの入ってないあんぱんのようなもの。

幸い、電気の契約変更はオフィスの人がしてくれた。
あと、必要なものは電話とインターネット。
二つの中でより必要なものはインターネット。
情報収集のために欠かせないものです。見知らぬ土地で
生活する為には欠かせません。

よって、オフィスの人にインターネットを使いたいと
伝えると『後で、電話すれば良いよ。今日から使えるから』と
当日から使えるなんて夢のよう。
しかし、電話で話すなんて私にはとてつもなくハードルが高い指令。
電話して使えるなら仕方ない電話しようとオフィスの人に
『(公衆)電話はどこにあるの?』と聞いたら、彼はこう答えた。
『・・・OK!俺がかけてやるよ、今から』、私は心の中で
『ぐっじょぶ!』と、いや少し声に出していってた(はず)。

電話口で話している彼が何やら私に向かって言っている。
『ここで、電話に出て話をしろ』

その瞬間は突然・前置きもなく・心の準備をするまもなくやって来た。

分からないところはいくつかあったが大事な部分は理解できた。
料金は29ドル、工事は午後1時から、来るのはマイケル。

電話で分からなかったところを丁寧に説明してもらい電話も
同時に加入することにした。
工事をさっさと済ませて帰っていくマイケルにチップを
手渡そうとすると『要らないよ?、貰えないんだ』と。

どういうわけか分からないけど、もらえないらしい。
社則なのか、法律なのか、条令なのか・・・。

とりあえず、ライフラインは揃った。

あとは、月曜日から学校に行って研究生活をスタートさせるだけ。
別窓 | 自分のこと | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
車の購入
2007-06-02 Sat 15:26
最終目標の車の購入はそこそこ?厄介だったような気がします。
しかし、面倒というかよく分からないものはお願いする方法を
とったのでそんなに難しくはありませんでした。

私が欲しかった車はトヨタのマトリックスという車でした。
アメリカでのトヨタの評価は日本よりもかなり高いような
気がします。あと、中古車に対する価値も随分違います。
例えば160000キロも走った車が100万円以上するって
いうのは普通にあります。日本であれば恐らく値段は付かないと
思います、下手すればお金を請求されることでしょう。

走行距離が大きい車を買って故障や買い替えが必要となっては
余計にお金がかかるのでそれなりの車を買おうと考えていました。
しかし、それなりの車は高いです。
交渉は簡単です。私は何度も言いますが英語が堪能なわけではないです。
私はこれだけしか払えないと言い続けるだけです。
それを言い続けた結果、向こうが絶対に譲れない金額を
提示したにも関わらずこちらがその金額はムリと言ったので
交渉は決裂しました。

一度、家に帰りいろいろ考え話し合いました。
売りに出したときの値段、トヨタというブランドを持っていること
トヨタの保証期間であること。
奥さんも『いいんじゃない?』と言ってくれたこと。
そういうこともあり購入することに決め、翌日意気揚々と
ディーラーに出かけ、『昨日の値段で売ってくれるなら買う』と
告げました。『おっけー、中に入れ』と言うので一抹の不安を
抱えながらも店の中に。

その不安と言うのは、提示した値段は昨日の値段で今日は
その値段ではムリと言って吊り上げられるのでは?というものでした。

しかし、その不安は的中することなく無事に購入手続きを
することができました。
セールスマンは客に車を売らなければならないので、私には
優しく丁寧に接してくれますが、買います!のサインを書いた
あと別室に通され話をした管理職の人はそんな気はまったくなし。

私にとってはマシンガンにのような口調で喋り続けられました。
『ゆっくり喋ってよ』とお願いしたらさすがに『OK. I will』と。

しかし、彼女の意思は3秒後にはなくなってました。
確か、willは意思未来じゃなかった?なんでよ???と
なりながらも必死で契約内容と支払い方法について話し合い
契約に至りました。

車は明後日納車予定です。早いです。
その日にすぐにもって帰ることだって可能なんです、
保険さえ入れば。新車だってそうなんです。
日本みたいにディーラーに行ってショールームの車を見て
注文するのではないのです。数ある在庫からこれ頂戴といって
そのままその日に持って帰ります。
これは自分の中ではかなりショッキングでした。

今日は長々と車の話を書いてしまいました。
最後までお付き合いしてくださった方ありがとうございました。
別窓 | 自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
家具とキッチン用品の購入
2007-06-01 Fri 14:34
今日は朝からアパートでの生活に必要な家具やらキッチン用品を
見に行くことにしました。

もちろん新品を揃えていくと破産してしまうのでムービングセールで
売っているものでそろえようとしたのですが、良いところを紹介して
もらったのでそこで買うことにしました。

決して美品ではないのですが、テレビがテレビ台とセットで10ドル、
クイーンベッドが25ドル、ソファーが10ドルと驚くべき安さで
生活に最低限必要な家具を揃えて、しかも配達料込みで300ドルでした。
あり得ない・・・、本当に助かりました、これからちゃんと生きていけます。

その帰りにキッチン用品と布団を買おうと日本でも安価な家具を
扱う店で有名なIKEAに寄って鍋・食器・布団・フライパン・・・
車のトランクがいっぱいになるまで買ってなんと200ドル
かなりお買い得でしたIKEA!!最高です。
日本では『イケア』と呼ばれていると思うのですがこちらでは
どうやら『アイケア』らしいです。

そして、空腹感を抱えながらもそのまま最終の課題である車を
買いにディーラーに行きました。

別窓 | 自分のこと | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。