博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
赤ちゃんの性別は?
2008-11-25 Tue 20:14
妻の定期検診のときのことです。
定期検診のときはいろいろと質問されるのですが、妻の体調に関する質問も
あればお腹の中の赤ちゃんはどうか?ちゃんと動いてる?などの質問があります。

日本ではめったにないことだと思いますが、この会話の中で赤ちゃんの代名詞を
使う先生が結構いるみたいです。
そういうことで、産まれるまで性別を知りたくないにも関わらず意外な形で知らされる
例も少なくないようです。
この前に検診では赤ちゃんのことを He is ?と言った後に先生がそういえば赤ちゃんの
性別は聞いた?って言うんです。

聞くも何もお前が He とか言ってんじゃん!!

幸い私は生まれる前に知っておきたい派だったので何も問題はないですし
すでに知っていたので笑い話ですみますが知らない人はどうなるんだろう?と。

そんな、ゆるーい感じがアメリカって感じです。

スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
そわそわ
2008-11-21 Fri 20:04
時が流れるのは早いもので気がつけば11月半ば・・・

妻はすでに臨月に入りカウントダウンが始まりました。
とは言ってもあと20日以上はありますが。

臨月に入ればアメリカといえど検診は1週間に1度になります。
今日の検診で調子はどう?と聞かれた際に大きな問題はないけど
胃がむかつく程度です。と答えたそうです。
しかし、これは日本語にあえて訳した文で医師にはちゃんと伝わらなかったようです。

医師はどうやら胃の調子が悪いと思ったらしくどんな風に調子が悪いのかを
聞きたかったみたいですがうまく意思疎通がとれず通訳サービスを頼んで
3者通話が行われました。

これを聞いたとき 少し嫌な気がしました。
前に2度ほど通訳が入ったことがあるのですが医師の会話の内容を間違えて
伝えられたり、予約の日を間違えて伝えたりで役に立たないのを知ってたからです。
自分達が分からないのは専門用語くらいで一般的な会話は問題ないし、通訳は
医療専門の通訳ではないので、それ以来通訳はいらないと予約時に言ってました。

その通訳が話の間に入るもんだから通じるわけはないだろうと思ってたのですが
案の定、医師にはちゃんと伝わらなかったみたいでした。
胃がむかつくという表現は難しいようです。
胃がupsetだとかuncomfortableと言っても通じませんでしたと・・・
妻も通訳と同じように伝えたらしく 一般人と通訳の語彙力が同じって・・・

相変わらず使えない。

でも、アメリカ人ってもしかしたら 胃がむかつかないのか!?
良い表現方法があったらどなたか教えてください

受付時に通訳必要って聞かれて、彼らの通訳はいつも間違ってるからいらないって
伝えたら、そこにいた人たち一同爆笑でした。あり得ない話ですものね。

日本食スーパーでの日本人のおばあちゃん同士の会話です。

A 『調子はどう?』

B 『ぼつぼつね』

ぼつぼつって・・・

この二人は英語半分日本語半分の会話だったので昔からずっと住んでる人なのかな?
だから仕方ないのかもしれないですね。

でも、医療現場ではちゃんと仕事してほしいなぁと思います。



別窓 | 自分のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
引越し
2008-11-20 Thu 20:09
階下の住民の騒音?嫌がらせに悩まされていましたが生まれてくる赤ちゃん
のことを考えると引っ越した方が良いと考え引越することになりました。

騒音に悩まされたくないのでアパートではなく家を探していたのですが
いろいろと問題があり借りれるような物件を見つけるのがむずかしかったです。
私はアメリカにきてまだ1年半であること、アメリカのクレジットカードを作って
まだ、3か月しか経っていないこと。この2点が問題で不動産屋を介して家を
借りることができなかったのです。
地域にもよると思いますが、私が住んでいる地域では収入が家賃の3倍以上あること
Credit scoreが良いこと、Rental historyが2年以上であること、
これらの条件が必須条件であり一つでも欠けていると首を縦に振ってもらえないのです。

そんな中、地道に探し続けてたのが幸いして良い物件を見つけることができました。
築5年の一戸建てで玄関に道路から敷地に入るところに門があったりとセキュリティ面に
おいても納得できる物件が見つかり、そこにアプライすることにしました。
Creditのこと、レンタルヒストリーが不足してることをしっかり説明し、不動産屋を介さない
契約のためか貸してくれることになりました。

来週、サンクスギビングの4連休を利用して引越しようと思います。
妻がすでに臨月に入ったこともあり動けないので一人で引越作業です。

どうやって、ひとりでクイーンサイズのベッドを運べばよいのか・・・
別窓 | 自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハロウィン
2008-11-03 Mon 20:02
10月31日はハロウィンだったわけですが今年は忙しかったりゴタゴタしてたりで
Jack o-lanternを作ることができませんでした。
しかし、うちはそうであってもまわりはハロウィン気分でいっぱいなので子供達の
ためにお菓子を用意してまってました。

しかし、残念ながら子供たちは一人も来ませんでした・・・なぜだ??
玄関に電気をつけ、かぼちゃまで置いて用意してたのに。

お向かいの家は玄関の電灯にかぼちゃの形したものをかぶせていたのに
なぜか当日は外してた・・・なんでだろう?

ゴタゴタのひとつのアパートの下の住人の騒音が激しいということ。
騒音といっても普通の騒音ではない。
決まって夜の9時前くらいからバンドの練習を始める。
重低音が壁・床を振動させ鼓膜を振動させる。
疲れて帰ってきてご飯食べているところに、こんなことされてはたまりません。
食後のリラックス時間もありません。重低音と振動が食後のデザートです。

あまりにもひどい状態が続くので管理人に言ったところ、余計にひどくなりました。
本来なら怒鳴り込んでやるところなんですが銃でズドンっとやられたらたまらないので
穏便にすませるため再度管理人にやめさせるようにお願いしました。
相変わらず練習はしているようですが今は我慢できる程度です。

引っ越すにも契約期間の中途解約になるんで違約発生するみたいです。
どうしよか・・・引っ越すか我慢か。
別窓 | 自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。