博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
誠意ある対応を!!パート2
2007-01-16 Tue 23:51
前回にも書きましたが誠意を持った対応が見られませんでした。
さらに、タイミングが悪いことに挙式まで2週間をきったとこで
すごいことが発覚しました!

オーダーしたドレスのサイズが明らかに違ったのです。
その上、別の同じ型のドレスを持ってきて何の事情説明もなしに
着せました。サイズが少し大きく背中がパカパカだったのですが
クリップでとめて写真撮影をしろと・・・

どうでしょうか?この対応。
オーダーしたはずのドレスが着れず、満足な状態でない形で
一生残る、一度しかない写真を撮れと・・・。
まぁ、空いた口が塞がりません。

この件もあり現場の最高責任者であるマネージャーとの話では
らちがあかなかったので式場の最高責任者である支配人と話を
させていただこうと日曜日に式場を訪れました。

そこで、挙式予定日まで2週間をきっているのですが本気で
キャンセルさせていただきたいと支配人にお伝えしました。
さらに、場所がそう遠く離れたところではなく同じ日時で挙式・披露宴が
できるところを探してくれ!と要求しました。

当然、支配人はハイそうしますとは答えず、どうにかチャンスを
もう一度くれというばかりでした。

チャンスをくれというのは分かりますが、ノロウィルスの事故のことを
公表しなかったことに対する責任を認めず、さらにだからと言って
何をするとも言わずにチャンスをくれと言うばかり。

もちろん、2週間きった現在 現実的に式場を変えるのは不可能なこと
だと思っていますが、わずかな可能性があるならそうしたいと考えていました。

しかし、話し合いの中で式場の変更は不可能であることが分かったので
責任を認めさせ、謝罪させ、自分達の結婚式をどうやってここからの
状態から盛り上げてくれるのか(気分的に)を考えさせました。
また、出席者の方々がどうすれば気分良く食事できるのか
(ノロウィルスのことを気にせずに)を考えてもらいました。

私たちはドレスのこと、食事を気分良くしてもらうこと
この2つに問題が生じなければ良いだけのことで慰謝料やら
なんやらを求めていたわけではないんです。

しかし、現場の最高責任者であるマネージャーは私達がそういうものを
要求してると勘違いしていたような気がします。
ですから、最初から私達をなめてかかってたし誠意ある対応ができなかった
のでしょう。

支配人から当日の私達・出席者に対する心配りを提案していただき
それらから誠意が感じられました。
ドレスのことに関しては1から作り直して1週間で仕上げることを
確約していただけたので、まぁ良いかと思いもう一度自分達の結婚式を
現在の式場にお任せすることにしました。

あとは何事もなく無事に当日が迎えられ、その日が無事に
終ってくれることを望んでいます。
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<そういえば・・・ | 新米助教のドタバタラボ日記 | 誠意ある対応を!!>>
コメント
★ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-01-16 Tue 16:01 | #[ 内容変更] | top↑
心配しておりました。何とか無事にいきそうですね・・・・
よかったです・・・・お二人にとって素晴らしい日になりますよう
お祈りしております。
2007-01-17 Wed 09:58 URL | そら #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。