博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
食事会
2007-10-13 Sat 10:38
先日、同じ学年のラボの同僚が奥さんを連れて家にやってきました。
年齢が近いこともありラボに入った当初から何かと世話になっている
人で私にスラングばかり教えてくれます。
トイレの大をする、おならをするなどなど・・・

そんなもん、どこで使う機会あるねん!!

彼らは親日家でもあり日本の文化にとても興味を持ってくれており
日米の文化・環境・考え方・抱えている問題についてよく話をします。

彼に日本人がよく食べるものかつアメリカ人でも食べられるもの
さらに、アメリカで手に入る食材で・・・
作られてくるものがかなり限られます。

まず、アペタイザーはアメリカ人は目にするのも嫌らしいですがたこを
食べさせました。といっても、タコ焼きにしてですが。
タコを食べる習慣のない人たちですがタコ焼きはたいそう気に入った
みたいです。

あとは、寿司ロール、鶏肉のから揚げ、シュウマイ、きんぴらごぼう
豚汁、漬物を出しました。
どれもみなおいしいと喜んで食べてもらえましたが驚いたのは
きんぴらごぼうがおいしいおしいといってよく食べてました。
アメリカ人にとってどういう味わいなのか分かりませんがとても
flavorfulだと言ってました。
さすがにきゅうりのぬかずけは難色を示していました。
せっかく自分でつけたのに・・・。

まぁ、そんなこんなで楽しいひと時を過ごしました。
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<ストーム | 新米助教のドタバタラボ日記 | ノーベル賞>>
コメント
すごく美味しそうなメニューです。
お手製の漬物。日本人のジェレミーには
垂涎ものですけどね。
お漬物まで漬けれる港町の生物系大学院生さんって
すごい!!
でも、きんぴらごぼうがウケるとは・・・意外です(笑
flavorfulなんですね。ごぼうの香り?それとも
しょうゆ風味の甘辛系がお口にあったのかな。
2007-10-12 Fri 20:42 URL | ジェレミー #-[ 内容変更] | top↑
きんぴらゴボウは野菜の味がきちんとでるんで
お気に召したんでしょうね~。^^
私の知り合いのアメリカ人は日本に来たとき、
クジラの刺身まではおいしかったようですが、
さすがにとりの刺身(鶏わさび?)は
無理でした~。
って、奥さんが日本人の親日家の人でしたけどね~。

で、ES細胞なんかだと港町の生物系大学院生さんも
毎日お世話になってたりするんですかね~?
ノーベル賞はともかく、そういうものを
発明(発見?)したいもんですね~。^^
2007-10-13 Sat 21:29 URL | shini #-[ 内容変更] | top↑
>ジェレミーさん

お漬物は残念なことに自分でつけないと食べれないのです。
味の素漬けならスーパーで買えますが・・・(笑)
しかし、幸運にもぬかを安価で手に入れることができるので
作ること自体そんなに手間もお金もかかりません。
なぜ、彼らにとってきんぴらごぼうが口に合うのかまだ
良く分かりません。
ごぼう自体がawesome!!と言ってました。

>shiniさん

クジラの刺身ですか!!
それを食べられるのはちょっと驚きです。
鳥の刺身って日本人でも駄目な人いますから
生のものを食べる習慣のないアメリカ人にとっては
耐えられないかもしれませんね。

ES細胞はこちらに来てから扱うようになりました。
難治疾患の治療に使えるようになっていくでしょう。
早く実用化段階にまで行けばいいですね。
2007-10-15 Mon 08:53 URL | 港町の生物系大学院生 #/lTXP5f2[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。