博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
研究社会のイジメ
2006-06-29 Thu 22:10
アマクナさんが研究社会のイジメというタイトルで書かれてある記事を見て
思いだしたことがあるので書きます。
    ↓
研究社会のイジメ



私はいろんなラボに出入りしていたわけではないので良く知りはしませんが
私の中でアカハラは多くの研究室で起きていることだと思っています。

実際に私自身もアカハラを受けた経験があります。
いつ誰から受けたかはさすがにここでは内緒にしときますが。

私はその先生から嫌われていたこともあり、
ある日、学生より高い立場に居る事・権力・周りに居る人間を利用して
在らぬ噂をたてられ教授に密告され非常に厳しい立場に立たされました。

教授はその先生のことだけを信じ、弁解することも許されず
挙句の果てには『君は夜も寝ないで実験ばっかりして、日光に当たって
ないから被害妄想を抱くのだ。精神異常だ』と言われました。

在らぬ噂をかけられ、それに対して指摘すると被害妄想・君の幻聴・精神異常と
片付ける教授の姿勢はおかしい、あまりにもふざけていると思います。

それ以来、その先生には一切逆らわないようにしました。
きっと、その先生のおかしい点を私は指摘してしまったのが問題だったと
思います。確かにその先生は自分に従順な学生に対しては優しく接しているのですが
自分に逆らう学生は徹底的に排除しようと積極的に動くみたいです。

スパイ活動までさせて私の荒を探そうとしたのにはさすがにびっくりしました。

アカハラと言えば陰湿な感じは若干弱まりますが
アカハラはただの弱いものイジメなんですよ。

現在私の居る研究室内でもアカハラまがいなことは数多く見受けられます。
そういう不当な扱いをする先生が居なくなることを切に願います。
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<おじいさん VS 私 | 新米助教のドタバタラボ日記 | ○○大教授・研究費不正使用>>
コメント
どの世界にもイジメってあるんですね。
それにしても、スパイしたり、密告したりって・・・
なんだか時代が違うような感じですが、
意にそぐわない者に対しての、力の注ぎようが、
滑稽でもあります。された方はたまらないですけど。
色々大変な港町の生物系大学院さんに、
応援のポチ!!
2006-06-29 Thu 06:05 URL | ジェレミー #-[ 内容変更] | top↑
TBありがとうございます。アカハラもとい研究社会のイジメはもっとオープンになってしかるべきことだと思います。
従順な学生には優しい先生、確かにいますね。思い通りにならないと平気で人を傷つける。私の友人は病気になって精神科に通わなければならないほどでした。
辛い思いをする人がいなくなりますよう。
2006-06-29 Thu 07:36 URL | アマクナ #-[ 内容変更] | top↑
研究室のアカハラは難しい問題ですね~。
根本的に、自然科学の研究は(人文・社会科学もそうかも知れませんが)
内容を批判的に検証するところから始まって、
日本の風土では、それはある意味、研究をしている人自身を
「いじめている」ように感じられるものが根本的なものなのですから。
港町の生物系大学院生さんならわかると思いますが、
たとえば、後輩くんから見たら、(わかってないからだと思いますが)
アカハラされてると感じてる可能性はじゅうぶんにありますし、
で、世間一般から見たら、実際いじめられてるように見えるかも知れませんし。
だからといって、後輩くんを「鍛える」ことしなきゃ、使い物にならないでしょうし。

まぁ、いろんな先生(に限らず人間)がいることを認めて、飲みこんで、強い人になりつつある
港町の生物系大学院生さんはちゃんと立派にやっていけそうですね~。
未熟な私が茶々いれるのもおこがましいんですが。。。
2006-06-29 Thu 09:44 URL | shini #-[ 内容変更] | top↑
>ジェレミーさん

毎度のポチありがとうございます。
イジメなんかするやつはどうせ出世できないですよ。
私はその人がいずれ落ちていくのを眺めてるだけです。

>アマクナさん

はじめまして。
TBさせていただきありがとうございます。
自分の体験もあり他人事ではなかったので。
アカハラのガイドラインを見たら、その程度で
というのもありましたが、受け手のとり方に
よっては重大なことになるなと感じました。

>shiniさん

アカハラ問題は本当に難しいと思います。
どこまでがアカハラで、どこまでがそうじゃないのか。
私の後輩君に対する行動は受け手によって
アカハラだろうといわれるかもしれないです。
もちろん私の真意はそうではないのですが
後輩君には絶対に伝わりませんし・・・
2006-06-29 Thu 21:16 URL | 港町の生物系大学院生 #/lTXP5f2[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。