博士課程終了前に留学、博士号取得、アメリカでポスドクを経て無事に日本帰国しポストを得ました。新米助教のドタバタぶりをお届けします。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
環境適応障害
2006-08-08 Tue 23:04
今日は環境適応障害について書きたいと思います。

環境適応障害とか適応障害という言い方をするわけですが
なぜ、今日はそんなテーマなのか?それは読み手の方に想像していただく
ということでお願いします。簡単に想像できると思います。

環境適応障害というのはいわゆる『鬱』です。
この適応障害に関しては文字通り新しい環境での生活になじめず
ストレスを感じるというような病です。
最近、CMで鬱は1ヶ月からというような文句を聞いたことがあると思います。
ありふれたことのように表現されています。

私はこの場で鬱という病気を馬鹿にする気はないです。
鬱になってる方はみんさん多かれ少なかれ苦しんで居ると思います。
他人から同じことを言われても感じ方は人それぞれ違い、大したことでなくても
自分の中で大きくしすぎて処理しきれなくなってしまうこともあると思います。

しかし、百人の中で百人が本当にそうなのか?と聞かれたら
私は迷わず『No』と答えます。

新しい環境で生活することは大抵の人がストレスを感じ気持ちが上向きに
ならないことはごくありふれたことだと、私は思います。
そういう状態で病院に行けば、一時的な問題で慣れれば大丈夫ですよ!
という医者はいなでしょう。

それは果たして鬱なのでしょうか?
郷に入れば郷に従えという言葉があるようにその環境のルールに従って
行動しないといけないあると思います。そのルールに従えないのはその人の
責任ではないでしょうか?それを他人の所為にして馴染めないというのは
どうなのでしょう?

もう少し自分の言動に責任をもってもらいたいものです。
それと、自分を客観的に見つめなおして欲しいものです。

もう、本当にうんざりです。

こんなことで、私が悪者にされようものなら私が鬱になっちゃいますよ、ホントに。

追記:私は鬱になったことはありません。
   よって、経験のある方や抱えている方に不快な思いをさせたかも知れません。
   不快に思われた方申し訳ありません。

スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<COEミーティング | 新米助教のドタバタラボ日記 | BBQ>>
コメント
性格(?)的に落ち込みやすい人というのもけっこういて、
そういう人にはほめてほめてあげないとすぐ落ち込むものですが、
研究者の世界ってわりと厳しいものだから(なんたって誰も知らないもの相手だし)
そういう人には向いてないんですけどね~。
その辺、人事権持つ上司(教授とか)が
わかっててくれたら楽なんですけどね。。。
2006-08-08 Tue 20:04 URL | shini #-[ 内容変更] | top↑
>shiniさん

おはようございます。
上司がしっかりと把握してくれていたら
本当に楽だと思います。
鬱になるには周りの環境要因はかなりあると
思いますが、やはり本人にも責任が多少あるような
気がします。とくにこの記事の場合は。
2006-08-09 Wed 16:42 URL | 港町の生物系大学院生 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 新米助教のドタバタラボ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。